リスク・契約研究部会

活動主旨

PFI/PPPの普及・促進のネックになることが多い法制度や契約行為に係わる諸課題の分析およびその解決を図るための方策の研究を主な目的とし,次のテーマを掲げ研究しています。

①PPP/PFIの国の施策に関すること
②コンセッションに関すること
③長期包括委託等入札・契約手法に関すること
④インフラアセットマネジメントやISO55000シリーズに関すること
⑤国内・海外のPFI・PPP事業に関する情報収集
⑥最新の事業事例の視察
⑦全国PFI事業案件のデータベース更新

平成29年度の活動

計画中

平成28年度の活動

リスク・契約研究部会では、PFI/PPPの普及・促進のネックになることが多い法制度や契約行為に係わる諸課題の分析及びその解決を図るための方策の研究を主たる目的に活動しました。
平成28年度もPFI事業、コンセッション事業の推進に向けた諸課題の検討・研究を引き続き実施すると共に、国、地方自治体における官民連携・民間活力導入促進に関する施策や事業実施動向の調査、研究を引き続き行いました。
また、全国の事例(データ集)調査を継続して行い、会員の利便に資する最新のデータ集を作成しました。(平成29年9月予定)

平成27年度の活動実績

第1回部会「国土交通省のPPP/PFIへの取組み」

演題; 「国土交通省のPPP/PFIへの取組みと案件形成の推進」
講師; 国土交通省 総合政策局官民連携政策課 企画官 平松 幹朗 様
開催日時; 平成27年11月6日 15:30~17;00
開催場所; エンジニアリング協会内会議室

第2回部会「PPP/PFI優先的検討指針について」

1)PPP/PFI推進アクションプラン(平成28年5月18日公表)について
2)多様なPPP/PFI⼿法導⼊を優先的に検討するための指針について
3)H27年度PFI案件調査のとりまとめ状況について
4)部会先進事例視察調査について

第3回部会「先進事例調査の報告および次年度の活動方針について」

1)長野県上田市周辺の道の駅および白糸ハイランドウェイの有用道路の運営に係る視察報告
2)全国PFI事業案件のデータベース更新
全国PFI事業案件のデータベース更新し事例分析を行い、報告書に取りまとめた。
「リスク・契約研究部会 調査報告書」
第1章 PFI 関連制度等の整備
1-1.「PPP/PFI 推進アクションプラン」の公表
1-2.PPP/PFI 推進タクスフォースの開催について
1-3.PPP/PFI 推進支援体制
第2章 実施中PFI 事業の調査と分析
2-1.調査対象事業と調査概要
2-2.調査結果の集計・分析
2-2-1.地域別集計
2-2-2.事業進捗状況
2-2-3.対象施設の種別
2-2-4.公共施設等の管理者等/事業者選定方式/提案段階
2-2-5.事業年数
2-2-6.事業タイプと事業方式
2-2-7.特定事業選定段階におけるリスクの定量評価状況
2-2-8.特定事業選定段階におけるVFM 定量評価状況
2-2-9.VFM 定量評価状況
(特定事業の選定時及び事業者選定時のVFM 評価)
2-2-10.総合評価方式
2-2-11.応募グループ数
2-2-12.契約金額
2-2-13.金利変動によるリスクの分担
2-2-14.不可抗力によるリスクの分担
2-2-15.契約保証金
2-2-16.瑕疵担保の担保期間
第3章 PFI/PPP 事例(先進事例)の視察調査
3-1.視察調査概要
3-2.主な視察地と視察目的
3-3.視察結果
先進事例調査
「長野県上田市周辺の道の駅および白糸ハイランドウェイの有用道路の運営に係る視察」(道路関連事業検討部会と共催)

■取りまとめた報告書概要(PDF)

ipdf.png別ウィンドウでPDFを表示

h27risk_summary_report